Male job offer

もっとオープンな求人があってもいいという感覚

男性の横顔

風俗業界の求人は男性も女性もあまり公になっていない場合が多いのではないかと思います。もちろん、性風俗ということでなかなか難しいところはあるかもしれません。特に男性の求人に関しては女性よりももっと大きく取り上げられることも少なく、非常に残念だというほかありません。
基本的に給料ベースも非常に高く、職種としても多く存在しているので絶対数が女性よりも少ないとはいえ、もっと訴求してもいいのではないかと思うわけです。実質、さまざまな求人がある中で雇用のアンマッチがあり、就職にありつけないということもあるなか、こうした職種をオープンにしていけば、救われる男性求人も多くあるのではないかと考えるわけです。だからこそ、その公開の方法は業界でも検討する必要があるといっても、現状よりもオープンにしていくことは絶対に必要なことになってきます。
以上を踏まえると、風俗業界の男性求人について、さらなるオープン化、実質人材がほしいわけですからもっとオープンにして検討を進めることのほうが得策であると考えます。風俗業界にとっても、男性の求人を求める方々にとっても、間違いなくお互いがプラスにつながることになるはずですから。